美味しいお水と料理の関係性

お米を炊いたり、野菜を洗ったり、出汁をとったりと、お料理とお水は切っても切れないもの。でも、お料理のお水にまでこだわれている人はまだまだ少ないのでは? 水道水を美味しいお水に変えるだけで、料理のレベルも格段にアップします。

美味しいご飯を炊くポイントはお水にこだわること

美味しいご飯を炊くにはお米そのものだけでなく、お水選びもポイントです。水道水は消毒のための塩素が入っていますが、お米を炊く時はほどよいミネラルを含む軟水「アクアクララ」がおすすめです。水道水を使うのであれば、一度沸騰させたり、汲み置いたりしてカルキを抜いてから使うと良いでしょう。和食に合うふっくらとしたご飯に炊き上げるには、カルシウムを多く含まない軟水を使用すると良いでしょう。逆に、インディカ米やピラフ用の場合は、硬水を使うとパラリとした炊き上げになります。毎日炊くご飯ですから、ウォーターサーバーがあると、手間がなく便利です。

出汁に使うお水は?

お味噌汁や煮物の出汁こそ、美味しいお水でぜひトライしてもらいたいもの。
面倒くさがらずに天然出汁とこだわりのお水でしっかりと引いた出汁は、ひとくちで違いがわかります。昆布やかつお節の分量は、水の分量に対して1%が目安。
時間のないときは、出汁パックや顆粒出汁を使ってもOKですが、昆布かカツオ、一方だけでも天然出汁を使うと旨味がアップします。出し巻きたまごや茶碗蒸し、おひたしなど、あらゆる和食に使う出汁だからこそ、基本を覚えておきたいものです。

日本料理には軟水

世界にさまざまな料理がある中でも、日本料理はお水がとても重要な位置づけです。ごはんを炊く際だけでなく、たとえば緑の野菜を茹でてから流水にさらすことで色止めし、緑の鮮やかさを失わないようにしたり、そうめんや冷や麦を水でぬめりをしっかりと落とすことで、本来の美味しさを引き出します。
お水には硬水と軟水がありますが、料理によっても向き不向きがあります。日本料理は軟水が向いているので、硬水で和風だしを取ってしまうと素材の旨味を引き出せなかったり、薄味の料理と喧嘩してしまったりします。また、軟水は日本茶や紅茶、コーヒーおよびウィスキー等の香りを引き出す効果もあるので、これらの飲み物に使う際にもおすすめです。

みんなのプチ断食

プチ断!宣言|24時間お水or昆布水のみ!